ストレス過多な現代人のための、メンタルケアを含めたリンパマッサージテクニックに、ヒーリング(気功的な)の技術、心理学、脳科学も取り入れた、まさに自律神経の乱れを起こしやすい現代のニーズに合ったリラクゼーション法です。

ご家族のためのデイリーホームケアとして。美容院、福祉・介護施設、カウンセラー、アロマセラピスト、エステサロンなどのお客様へのちょっとしたサービスメニューとして。また、全身マッサージ、各種ボディケアをされる方のプラスワンの施術メニューとしてご好評をいただいております。

この施術は、筋肉を強く揉みほぐすのとは違い、優しいタッチで自律神経の乱れを整えリラクゼーション状態へと導き、自己治癒力と免疫力をUPさせていくことをサポートしていくテクニックです。

ストレス過多な現代の人の様々な症状にアプローチします

現代人は、常にストレスフルな状態であることで、「交感神経」が活発になっており、リラックスする時には「副交感神経」が優位になるのが本来の状態なのですが、そのON/OFFの切り替えがおかしくなり自律神経の乱れが起きる方が増えています。


そこで、この施術では「副交感神経」優位な状態に導くことにより、自己治癒力によって、本来のリズムを取り戻していくことを導いてまいります。
腰痛や肩こりなどは、過緊張&継続的な緊張がもたらす痛みである事も実は多いのです。

それにより骨の歪みが起きたり、眠っている間や部屋でひとりでいる時など本来リラックスして副交感神経優位であるべき時にすら、緊張していたりするようなのです。


「自分が緊張している」「体にチカラが入っている」という状態を、『自覚できてない』方を多く見かけるようにもなりました。
開発者自身が、ひどい腰痛で朝洗面台で顔を洗うために腰を曲げる事も出来なくなり、そこから坐骨神経痛になって椅子に数秒と座っていられない状態になったことがありました。あらゆる事を試してみて、どれも効果がなかった時に、ある本とある治療法とに同時期に出合い、そこで分かったことは、


「腰痛は、リラックスすることで和らぐ」


というものだったのです。
本来しなくてもいい時にも緊張をしている事に気付いてもらうために、この施術では、タッチの技法に気功的な要素もプラスし、強く揉むのではなく、やさしくやさしく触れていくことと、独自のリズムによって、興奮を抑え、深いリラクゼーション状態に導いていくことをサポートしていきます。

ですので、施術中に眠ってしまわれる方も多いのが特徴です。そして、その後寝つきが良くなった・眠りの質が良くなったというご報告もいただいたりしております。

 

 

施術をする側の人の調子もアップします

「クイックリンパケア」は、『施術をしている側もとっても気持ちが安らいで心身が整うように感じます』というお声をセラピストさんからいただく事が多いのですが、その答えのひとつになるのが「セロトニン」に関係する事も分かってきました。
セロトニンとは脳の神経伝達物質のことですが、脳内でセロトニン物質を十分に作ることは、脳を活発に働かせたり、元気にいきいきと生活するのに欠かせない要素です。
脳の神経細胞間で情報を伝達するものとして代表的なのが「ドーパミン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」があります。

「ドーパミン」は、興奮する時に分泌されるもので、喜びや気持ち良さ、意欲が湧いてきます。

「セロトニン」は、オーケストラの指揮者のように脳全体をコントロールしてバランスを整える働きを担い、意識や元気のレベルを調節する働きをしています。そして、リラックスしているけれど集中力はあるという落ち着いた脳の状態を作ります。

「ノルアドレナリン」は、ストレスを回避するための各種行動や自律神経反応を引き起こし、血圧や心拍数を上げ、危機的状況に対処するための次の行動に備えます。本来不安や恐怖、ストレスから回避するためのものですが、ストレスが長時間続いたり強すぎたりすると過剰になり、脳の興奮がコントロール出来にくくなり、うつ病やパニック障害、不安神経症、強迫神経症、対人恐怖症などの要因にもなります。

セロトニンを活性化させる方法としては「日光を浴びる」「ウォーキングをする」「瞑想をする」ことなどがありますが、「クイックリンパケア」とセロトニンとが関係する部分を挙げますと、『規則的なリズム制のタッチ』という部分になります。セロトニンを活性化するのにはリズムに合わせた運動なども挙げられているんですね。
それから、そのリズムが規則的であるので、それに施術者が集中する事によって、実は瞑想をしているような状態を自然と作り出しているという事ももうひとつの要素となります。私はアクティブメディテーションや他の瞑想テクニックも学んできたというのがありますので、リキまなくても初心者が瞑想状態になりやすい状況を作る事などは以前から教えていました。
ですので、施術者のみならず、受け手となるお相手に対しても、より良い波動が与えられるようになっているのです。
また、丹田式の「腹式呼吸」も施術者が行うようにテクニックの中に盛り込んでいますが、このリズミカルな腹式呼吸もセロトニンを活性化するのに役立っています。

 

◆セロトニンを活性化させると

・朝、さっと目覚めやすくなる

・痛みに強くなる

・気分がさっと切り替わり、こだわりが少なくなる

・集中力が出る・気分がはればれとし、少々のことでたじろがなくなる

・全身の筋肉や肌に張りが出て若くなる

・おだやかになる

・気持ちが落ち着いてくる

などという効果があります。ご家族への未病レベルでのデイリーケアにと受講される方も多いですが、施術している自分にとっても非常に効果がありますので、自律神経失調症の方や更年期の諸症状のある女性にもとてもオススメです。

 

 

幸せホルモン「オキシトシン」とセロトニンとの関係

「クイックリンパケア」というのは、一見リンパマッサージだけを行っているように思われますが、実はメインはセラピー(癒し)の療法です。
言葉にしなくても、体で表現する愛情表現だと思っていただけると分かりやすいかもしれません。
例えば、
「愛してるよ」
「大事に思っているよ」
「大丈夫だよ」
「気を緩めていいよ」
「任せていいよ」
というような思いを、技法の中で、表現しています

椅子に座ってもらって、首~肩~背中~腰(おしり)~デコルテ~首
を、さすったり、押したり、一緒に深呼吸をしたり、揺らしたり、抱きかかえるようにしたりする事で、神経が高ぶっている興奮状態(交感神経優位)を、落ち着かせていきます。

大人になるにつれ、人に甘える事が少なくなり、人に頼る事が苦手になり、
人から「なでなで よしよし いい子いい子」と、される事が少なくなっていきますが、優しくさすってもらう事で、リンパの流れを促すと同時に、いい子いい子されている感覚を得る事に繋がっていくのです。

また、ゆらぎを与えられる事で、電車や車にガタンゴトンと揺れているかのような、ゆりかごで揺らされているかのような体感を得ます。
単調な揺れは、脳を刺激し、オキシトシンの分泌を促します。

【オキシトシンとは】
オキシトシンは哺乳類だけが持っているホルモンで、心が癒される、幸せな気分になるという効果があります。
オキシトシンは40年以上前から、女性が分泌するホルモンで、2つの役割があるということは、わかっていました。
第一は出産するときに子宮を収縮させて、出産を促すことです。よく陣痛を促進させるために点滴に使われているのがオキシトシンです。
もう1つは、出産したあとに、母乳を分泌させます。つまり、母乳を出すように促すのです。赤ちゃんがお母さんの乳首を吸うと、それが誘因になり、母親の脳からオキシトシンが分泌され、母乳の合成と分泌を促進させるのです。
母親が出産し、赤ん坊を育てることに直結したホルモンとして、オキシトシンは昔からよく知られていました。 しかし、このオキシトシンの研究がこの10年くらいで進んで、オキシトシンは母親だけが出すものではなく、母親になっていない女性も、また男性も、年齢も関係なく、分泌されることがわかってきました。
とくに最近になってオキシトシンが母乳を出すように促すだけでなく、母性愛と関係することがわかってきました。さらに信頼や男女の愛情と関係して分泌されるということもわかってきたのです。母性愛という心の状態だけでなく、信頼という心の状態、男女の愛情という心の状態をつくり出すということで、急激にこのオキシトシンというホルモンの役割が注目されはじめたのです。

 

近年注目されている、オキシトシンの効果をまとめると、次のようなものになります。
1、人への親近感、信頼感が増す。

2、ストレスが消えて幸福感を得られる。

3、血圧の上昇を抑える。

4、心臓の機能をよくする。

5、長寿になる。
オキシトシンが分泌されると、脳内では「脳内物質」として働いて心を変え、さらに血液中のホルモンとなって体にも効くのです。


【オキシトシンとセロトニンの深いかかわり】
オキシトシン受容体は、前頭前野と扁桃体にありますが、まさにそれは心に関係した脳の場所にあるわけです。ですから、心の状態に影響を及ぼす脳内物質ともいえます。
セロトニン神経の神経細胞にオキシトシンの受容体があります。ですから、オキシトシンがたくさん分泌されてオキシトシン受容体に届くと、同時にセロトニン神経が活性化されることになるのです。
よって、オキシトシン分泌を盛んにするような行動を行なうと、セロトニン神経の活性も起こるわけです。つまり、オキシトシンの分泌 → セロトニン神経の活性化 → セロトニンの分泌というような流れになります。
セロトニン神経が活性化されると、脳の状態を安定させ、心の平安、平常心をつくりだします。また、自律神経に働きかけて、痛みをやわらげる効果もあります。そのように、脳全体の状態を変えてくれます。
セロトニン神経を活性化するには、リズム運動と太陽の光、そしてグルーミングの3つが大切です。
この第三の方法であるグルーミングは、セロトニン神経を活性化するとともに、オキシトシン分泌にかかわっています。グルーミングによって、セロトニン神経が活性化するのは、まずオキシトシンが分泌されることによると考えられます。

クイックリンパケアの中には、上記の「リズム運動」と、「グルーミング」が入っています。「リズム運動」の部分は、ゆらぎのテニクニックの事だけではなくて、
もうひとつ、早いリズムのタッチから → 遅いリズムのタッチ へと
リズムチェンジしていく事を、触れる部分を変えるごとにやっていきます。
人は、リズムが単調である事が分かると安心する という事と、リズムが遅くなってい来ると、眠くなるという特性を持っています。
これは、私の子供がまだ小さい時、なかなか寝ない子でしたので、すごく苦労した時期があったのですが、ある時寝る前に絵本を読んであげていて発見したのがキッカケなのですが、文章を読むスピードを次第に遅くしていくと、眠るという事に気付いたんですね。
また、「寝ないな~早く寝てくれないかな~寝たらあれとこれをして・・・」などと考えていると寝ないのが、自分が先に寝てしまうとぐずる事も無く子供が眠るという体験をしたお母さん方も多いとは思いますが、これを発見した時、「ならば、実際には私が眠らなくても、寝ている時と同じような呼吸の仕方と体を弛緩させる事をやってみたらどうだろう?」と思いついたのでやってみたら、なんと眠るんですね!
それを、大人にやってみても、同じ結果になる事が分かりました。

これらの事から、「クイックリンパケア」と言うと、
「リンパマッサージのクイック版なんでしょ?」と
思われがちなんですが、敢えてむしろ、
「メンタルケア」「セラピー」
であると言った方が、本質をお伝え出来るかなと思っています。

メンタル面が落ち着くと、体が自然に緩んできます。
体が緩むと、血行も良くなり、リンパの流れも良くなり、自己治癒力がアップし、免疫力もあがってきます。

ここからいかに、普段から私たち「オトナ」は、他人に対し、周りに対し、気を張って生きているかというのが施術をしていると分かりますね。
「他人に気を許す」
というのは、大人になるにつれ、なんだか難しいことになってきてしまっているようです。

 

 

 

様々なセラピーとコラボ出来ます (参考例:

■アロマセラピストさんの場合
クイックリンパケアでは、施術の時にアロマのエッセンシャルオイルを使っての、香りの効果を併用する事を、講座でおすすめいたしております。
施術前にお客様に合う精油を選び、アロマスプレーなどで、お客様のオーラを洗うように、体の周辺に香りを広げてから施術に入ります。
また、アロマスプレーを、何種類かの効果別などに分けたものを用意しておいて、直感で選んだり、またはお客様の症状をカウンセリングして、施術前などに周辺にスプレーしながらクイックリンパケアの施術を行います。
イベントなどでも、香りの効果とプラスアルファして喜んでいただいております。

■心理カウンセラーさんの場合
お客様の体の緊張を解くのにとても適しています。
メンタルケアをなさる方には、カウンセリングの前または後に、必要に応じて施術を加えることにより、リラックスしていただける事で、効果的に活用していただけております。
施術ベッドが無くても、椅子ひとつあれば出来るのが特徴です。

■セラピスト(ネイル、耳ツボジュエリー、手相鑑定、各種カウンセリング)さんの場合
上記の心理カウンセラーさんのように、椅子に座ったままで施術が可能なので、ご自身の技術提供をなさった後などに、サービスメニューとして加えていただいております。
美容院で肩もみをサービスするようなイメージです。
また、イベントなどでは、ハンドマッサージを受けながら、クイックリンパケアも同時に受けるなんていう事もされていらっしゃる方もおられますので、
どなたかとコラボで出展されますと、短時間で両方受けられますのでお客様にも喜ばれております。

■レイキなどのヒーリング技術を持っていらっしゃる方の場合
ヒーリングは、自己治癒力を高めたり、リラクゼーション効果の高いものとして広まってはいますが、まだまだ世間の認知度が低いという事もあり、折角ならったはいいけれど、活用する機会が少ない方も多いです。
クイックリンパケアは、施術を行いながら同時にヒーリングをしていきやすい技術として、ヒーラーさんに重宝していただいております!
メニューに、クイックリンパケア+レイキヒーリングとして行われていらっしゃる方もおられますし、また、ヒーリングの技術は生かしながらも、特にそれを表に出さなくて、リンパマッサージとして行い、高いリラクゼーション効果でクライアントさんに喜んでいただいている方もおられます。

■美容院、整体院・エステサロンなど全身ケアをされる所や全身トリートメント講座を教えていらっしゃる方の場合

現在基本としては、クイックリンパケアの施術は30分3,000円で行うようにしています。サロンやお店でのメニューに加えていただける他、美容院では最後にサービスとして取り入れられる所もあります。
また、全身へのアプローチを教えていらっしゃる所では、講座代が高いので敷居が高いと思われる所に、フロントメニューとしてクイックリンパケア講座を導入していただき、そこからバックエンドメニューとして、既に行っていらっしゃる全身マッサージの講座へと流れを作っていただいている所もあります。

 

■介護・福祉に関わっていらっしゃる方の場合

デリケートなお年寄りの体にも優しいタッチで触れていきますので、介護施設の職員さんが受講される場合もありますし、また、ご要望があれば、ボランティアでクイックリンパケア協会から派遣させていただく事もございます。
視覚障がいのある方にもとても覚えやすく、早く習得していただけますので、ご好評をいただけております。こちらは無料で教えさせていただいております。
ご希望がございましたら協会宛てにご連絡下さい。
※遠方への出張は別途交通費のみいただいております。

 

 

 

 

Copyright (C) 2012 Quick Lymphcare Association All Rights Reserved.